空き家から火災が起こる。空き家で起こる火災の原因や対策方法を豊中市「庄内」駅前の株式会社アールクリエイトが解説いたします。

query_builder 2022/05/01
ブログ
空き家 火事

相続により、不動産を取得したけれど、住む予定もないし管理が面倒…とお悩みの方はいませんか? とくに遠方に住んでいる場合は、不動産の管理が大変になり、ついつい放置してしまうという方も少なくありません。 しかし、空き家となった物件をそのままにしていると、火災が起こり、最悪の場合、損害賠償を負う可能性があるのです。 この記事では、空き家から起こる火災の原因や対策方法、また火災発生時に家主が負う責任について解説します。


誰も住んでいない空き家から、なぜ火災が起こるのでしょうか? 空き家火災の出火原因として、もっとも多いのが「放火」です。 誰も住んでおらず、監視が行き届いていない空き家は、第三者が侵入しやすく、放火のターゲットにされやすいのでしょう。 まずは、消防庁が公表している「消防統計(火災統計)」から、令和2年の放火件数を見てみましょう。


令和2年の放火件数は2,497件で、放火の疑い1,555件と合わせると、4,052件もの被害があったとされています。 総出火件数34,691件のうち約11.7%が、放火および放火疑いによるものなのです。 また、火災種別では、建物火災がもっとも多く19,365件でした。 こうしてみると、建物への放火がいかに多いのかということがわかります。 とくに、人目につきにくい空き家では、一般の住宅と比較して、放火犯のターゲットになりやすいといえるでしょう。


放火のターゲットになりやすいのは、「管理の行き届いていない空き家」です。 管理の行き届いていない空き家とは、以下のような状態を指します。

●建物や門扉が施錠されておらず、誰でも簡単に侵入できる

●空き家の周辺に明かりがなく薄暗い

●家の様子が周囲からすぐに窺える

●近隣に住宅がなく、人の気配が少ない

また、空き家の周辺に可燃物が散乱していると、そのゴミを狙って放火されるケースも少なくありません。 たとえ所有者がゴミを置いたわけではなくても、人の目につきにくい空き家では、一般ゴミや粗大ゴミの不法投棄がされやすいのです。 こうしたことを防ぐためにも、空き家は放置せず、定期的に管理をしていく必要があります。


空き家火災の原因の多くが放火だとご紹介しましたが、一方で、以下のようなケースで火災が起こることもあります。

●配線機器や電気設備のトラブル

●タバコのポイ捨て

●ガス漏れによる爆発

放置された空き家は、ガス漏れや電気設備・配線などに異常が発生しても気づかれにくく、その結果火災を引き起こしてしまうことがあります。 また、意外な原因として、ネズミや野生動物が住み着き、配線をかじって火事になるケースもあるのです。 そのほかにも、タバコのポイ捨てによる出火も少なくありません。 これらが原因による火災を防ぐためには、放火による火災の場合と同様、空き家の定期的な管理が重要です。


放火やその他の原因による火災を防ぐためには、出火傾向を踏まえたうえでの、適切な火災対策が必要です。 すぐに実践できる火災対策には、以下のような方法があります。


(1)管理人の存在を示す

放火犯は、管理のされていない無法地帯となった空き家を狙います。 なぜなら、人の出入りがないため、侵入しても気づかれにくいためです。 不法侵入を防ぐには「この空き家はきちんと管理され、人の出入りがある」と印象付けることが重要です。 そこで敷地内に、管理業者の社名と連絡先を記載した「管理看板」を設置するという方法があります。 この管理看板には、玄関ドアに貼ったセキュリティ会社のシールと同様に、不法侵入を抑制する効果があります。 誰かに見られているかもしれないという警戒心が、不法侵入や放火から遠ざけてくれるでしょう。


(2)空き家の周辺を片付ける

空き家の周辺に新聞紙や雑誌など、燃えやすいものを放置していると、そのゴミを狙って放火される可能性があります。 また、ゴミが放置された空き家は景観が悪く、一目で管理されていないとわかるので、空き家の周辺にはあまり物を置かないようにしましょう。 セキュリティを強化する 空き家といえど、一般住宅と同様に、きちんと戸締りをしていることがほとんどかと思います。 ただし、空き家の場合には、それだけでは不十分な可能性が高いです。 放火犯や不審者は、入りやすい家を狙います。 ただ施錠して終えるのではなく、玄関のドアに鍵を2つ以上つける、窓を割りにくくするための防犯フィルムを貼るなどの、二重の対策が必要です。 なお、玄関ドアの二重ロックに関しては、ダミー用の鍵穴が市販で購入できるため、鍵を後付けするのが困難な方におすすめですよ。


(3)空き家の周辺を明るくする

空き家の周辺に街灯がなく、人の気配が感じにくい場合には、照明を設置して明るさを出しましょう。 人の気配を感じたときにだけ反応するセンサーライドなどもおすすめです。 「この空き家は適切な管理がおこなわれ、定期的に巡回していますよ」ということをアピールできれば、犯罪の温床になりにくいでしょう。


しかし、空き家は、所有しているだけで多くのデメリットが発生するため、今後住む予定がない方は、売却したほうが良いといえます。 とくに、地方などで物件の需要が少なく、なかなか売れない場合には、買取を検討するのもおすすめです。

売却価格は相場よりも低くなってしまいますが、売却と違い、素早く現金化できるというメリットがあります。 今後住む予定がないため、早急に空き家を手放したいという方は、ぜひ買取を視野に入れてみてください。


空き家を放置して火災が発生すると、最悪の場合、損害賠償を請求される可能性があります。 また、火災保険に加入したあとも、空き家の定期的なメンテナンスは必要です。 このように、空き家を所有していると多くのリスクがあるため、今後住む予定のない空き家は、売却することをおすすめします。 また、売却するにも時間をかけたくないという方は、不動産会社による買取を検討してみてはいかがでしょうか。

親から受け継いだ資産を売却することに抵抗がある方は、資産活用のご提案も承っております。


空き家を相続してお悩みの方は、ぜひお気軽に豊中市庄内駅前の株式会社アールクリエイトまでご相談ください。 北摂エリアで不動産買取に関するお悩みの方は、株式会社アールクリエイトにお任せください。 お客様に最大限ご満足いただけるようサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。



株式会社アールクリエイト

住所 〒561-0831 大阪府豊中市庄内東町2-2-4

電話番号 06-4867-8080

営業時間 10:00 〜 20:00

定休日 毎週水曜日

代表者 栗原良輔

不動産免許番号 大阪府知事(1)第63003号

古物商免許番号 第62233R034389号

飲食業許可番号 第32030137号

所属団体 (一社)大阪府宅地建物取引業協会

     (公社)全国宅地建物取引業協会

     (公社)全国宅地建物取引業保証協会 大阪本部

記事検索

NEW

  • 離婚協議中に共有持分の不動産売却はできるのか? 共有名義の注意点やリスクを豊中市の株式会社アール...

    query_builder 2022/05/22
  • 相続不動産の相続放棄や処分方法について 豊中市の株式会社アールクリエイトがご案内いたします。

    query_builder 2022/05/15
  • 不動産売却と住民税との関係とは? 豊中市周辺の不動産売却は、豊中市のアールクリエイトまでご連絡く...

    query_builder 2022/05/08
  • 空き家から火災が起こる。空き家で起こる火災の原因や対策方法を豊中市「庄内」駅前の株式会社アールク...

    query_builder 2022/05/01
  • 農地を相続するなら知っておきたい手続きや注意点などを豊中市「庄内」駅前の株式会社アールクリエイト...

    query_builder 2022/04/24

CATEGORY

ARCHIVE