【豊中市の不動産売却】 相続・税金・空き家問題を解消!空き家の売却のメリットと放置するデメリット

query_builder 2021/11/24
ブログ
空家


不動産を相続したものの、売却すべきかお悩みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

思い入れのある実家は手放しづらいものですが、空き家のまま放置し続けることには多くのデメリットがあります。

今回は、豊中市で空き家の売却をお考えの方に向けて、空き家の売却のメリットと放置するデメリットを解説いたします。

空き家を放置すれば、税金問題や近隣とのトラブル発生のリスクがあります。 早めに空き家の売却をするためにも、この記事を参考にしてください。


『相続・税金・家屋問題も解消できる 空き家を売却するメリット』

空き家の売却の大きなメリットは2つです。

①余計な税金を支払わなくて済む

②売却でお金が得られる

誰も住まない家があるのであれば、売却し、他のものに資産組み換えすることで大きな費用効果が得られます。

一昔前は親が亡くなり空き家になっても、そのまま家を残すケースが少なくありませんでした。

家屋を残したまま放置する理由は、家屋が建っていない土地はその土地の固定資産税が高額になるためです。

ただし、最近は、空き家のまま放置された家屋の老朽化が問題となり、危険な空き家に対しては、固定資産税の軽減措置が見直されはじめました。

行政から「特定空家」と呼ばれる危険な家に認定されると、家屋が残されていても固定資産税の軽減はありません。

そのため、近年は税金軽減のために空き家を売却して、余計なお金と心配がかからないよう、売却を選ぶケースが増えています。

また、特定空家に認定されなくても、誰も住まない家屋に毎年10万~20万円以上も固定資産税を支払うのは、無駄と考える方がほとんどでしょう。

家屋の資産価値は25年経つとほとんど0になるとされています。そのため、 放置すればするほど、どんどん売却できる額が低くなっていくというわけです。

できるだけ早い段階で売却を検討いただく方が望ましいでしょう。空き家でも資産価値が残っているうちに売却すれば、お金が得られます。

豊中市のアールクリエイトでは、豊中市を中心に空き家の売却のお手伝いを行っております。

税金対策をお考えの方、相続した不動産の売却をご検討中の方は、豊中市のアールクリエイトへぜひご相談ください。


『空き家を放置する4つのデメリット』

空き家を放置し、そのまま老朽化が進めばデメリットしかありません。 放置すればするほど問題が山積みになるおそれがあります。

①建物が老朽化しすぎて売却しづらい

誰も住まない家屋は手入れが行き届かず、通常の家と比べて老朽化が進行します。

老朽化すれば当たり前ですが不動産の資産価値が下がり、売却しにくいというデメリットが発生します。

②火災や倒壊のリスク

老朽化した空き家は、火災や倒壊をするリスクがあります。 基礎や柱が傷めば、地震や台風などの自然災害をきっかけに倒壊するかもしれません。

また火災があれば近隣への影響も考えられるでしょう。 実際に自然発火がなくても、放火犯に狙われるリスクもあります。

③近隣のクレーム

放置された空き家は、庭木が荒れ放題になったり、雑草が生え放題なったりすると、近隣住宅から苦情がくることがあります。

また、整理整頓されていない空き家は、不法投棄がされやすいです。近年では台風で飛ばされた瓦礫を処理できないクレームも起きています。

見た目が悪い空き家が地域にあれば、近隣の資産価値も下げてしまいます。

④行政命令が出るリスク

適切に管理ができず老朽化した家屋は、特定空家に認定されるおそれがあります。

特定空家に認定されてしまうと、家屋の解体も考えなければなりません。

そして、特定空家は税金の軽減措置が何もないため、通常の6倍の固定資産税を支払う必要があります。

豊中市のアールクリエイトでは、相続した不動産のコンサルティング・売却などのお手伝いを行っております。

豊中市で空き家の問題や中古不動産の税金対策をご検討中の方は、お気軽にアールクリエイトまでご連絡ください。


『不動産相談は豊中市のアールクリエイトへ 』

両親やご自身が住んでいた実家は、思い出が深く、簡単に手放せないかもしれません。

しかし、相続した空き家をそのまま放置していても、税金問題や空き家問題の原因になります。

相続した不動産を活用する早めの対策がおすすめです。問題が大きくならないうちに、活用方法考えましょう。

豊中市のアールクリエイトでは、相続のコンサルティングを行っております。

相続の税金対策や不要資産の処分を検討されている方、空き家の売却を検討されている方はぜひ豊中市のアールクリエイトにご相談ください。


株式会社アールクリエイト

住所 〒561-0831 大阪府豊中市庄内東町2-2-4

電話番号 06-4867-8080

営業時間 10:00 〜 20:00

定休日 毎週水曜日

代表者 栗原良輔

不動産免許番号 大阪府知事(1)第63003号

古物商免許番号 第62233R034389号

飲食業許可番号 第32030137号

所属団体 (一社)大阪府宅地建物取引業協会

     (公社)全国宅地建物取引業協会

     (公社)全国宅地建物取引業保証協会 大阪本部


記事検索

NEW

  • 離婚協議中に共有持分の不動産売却はできるのか? 共有名義の注意点やリスクを豊中市の株式会社アール...

    query_builder 2022/05/22
  • 相続不動産の相続放棄や処分方法について 豊中市の株式会社アールクリエイトがご案内いたします。

    query_builder 2022/05/15
  • 不動産売却と住民税との関係とは? 豊中市周辺の不動産売却は、豊中市のアールクリエイトまでご連絡く...

    query_builder 2022/05/08
  • 空き家から火災が起こる。空き家で起こる火災の原因や対策方法を豊中市「庄内」駅前の株式会社アールク...

    query_builder 2022/05/01
  • 農地を相続するなら知っておきたい手続きや注意点などを豊中市「庄内」駅前の株式会社アールクリエイト...

    query_builder 2022/04/24

CATEGORY

ARCHIVE